« 横山秀夫「動機」に見る人間の脆さ | トップページ | 赤川次郎「悪妻に捧げるレクイエム」の「ずらし」 »

伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」の痛快さ

今回は「陽気なギャングが地球を回す」を読みました!
伊坂幸太郎作品はこれで2作目になります。
既に映画化されているので、観られた方もいるかもしれません。

実は彼の作品の文庫になっているものは全て揃えてあったりします(笑)
その中で、今回この作品をいち早く読んだのは、
「アヒルと鴨のコインロッカー」の記事
にコメントを寄せて頂いた「青波男」さんの情報がきっかけです。

「青波男」さんによれば、「アヒルと鴨のコインロッカー」に今回の作品の
登場人物が登場しているとのこと。
で、確かにいました!(笑)
読んですぐには「ん?誰だろう?」という感じで分からなかったのですが、
「アヒルと鴨~」の方をぱらぱらと読み返して気付きました!
こういうのは面白いですね。
情報を教えて頂いた「青波男」さんありがとうございました!

それはさておき作品の中身の方ですが、痛快な作品でした。
一応登場する4人の主人公は銀行強盗、いわゆる「ギャング」なのですが、
悪人特有の「暗さ」というか後ろ向きな雰囲気がないのが新鮮です。
「アヒルと鴨~」を読んだときに感じた爽やかさと同類の雰囲気です。

しかし、最終的には「アヒルと鴨~」は切ない話でしたが、
こちらは商売敵にいっぱいくわせるような内容で、
楽しい雰囲気も手伝って、かなり胸がスカッとしました。
そういう意味でシリアスなものを読みたい方には向きません。
むしゃくしゃしてる時に読むのがいいでしょう(笑)

知ってる方も多いかと思いますが、この作品には続編が既に出ているので、
読みたいのですが、まだ文庫が出ていないんですよね、これが。。。
早く出ないかな~^^。
ただ、まだ他の作品もいっぱいあるので、
それを読みながら待つこととします!

陽気なギャングが地球を回す Book 陽気なギャングが地球を回す

著者:伊坂 幸太郎
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」関連のココログ)
読書のある日常
ゴルダースグリーンの星☆
movieloverの日記
☆読書の森☆

|

« 横山秀夫「動機」に見る人間の脆さ | トップページ | 赤川次郎「悪妻に捧げるレクイエム」の「ずらし」 »

作家別:伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
僕もTBさせてもらいました~
続編もなかなか面白いですよ!伊坂幸太郎では、あと砂漠っていう本もオススメです。
まだブログ歴は浅いですが、これからもたまにのぞきに来てください!

投稿: トシ | 2007年5月18日 (金) 02時30分

コメントのお返事が遅れてしまいましたが、
TB&コメント本当にありがとうございます!
続編面白いんですね。。。文庫になるのを待つべきか。。。
「砂漠」も覚えておきますね。

投稿: ipsedixer | 2007年5月20日 (日) 21時34分

こんにちは。ご丁寧なお言葉をいただき、ありがとうございました。私も「アヒル」の次に「陽気な」を読みました。仰るとおり、痛快で小気味いいお話でしたね。実は伊坂作品を読んだのは今のところこの2作(はまっている、といいつつ、他の作家にも浮気している^^ため、まだそんな状態です)なのですが、人物や事件の作品間でのリンクについて知ったのは「ダ・ヴィンチ」で読んだからでした。「ダ・ヴィンチ」4月号は伊坂幸太郎特集で、ご本人のインタビューはもちろん、伊坂作品についての情報が盛りだくさん。伊坂作品のナビゲーターとして最適です(バックナンバーについての情報はhttp://web-davinci.jp/で分かるかと思います)
ちなみに私は、次は「オーデュボンの祈り」を読もうと思っています。未来を予見するカカシが登場するらしく、どんなお話なのか、今からワクワクです。

投稿: 青波男 | 2007年6月22日 (金) 01時00分

こんにちは。
いえいえ、こちらこそいつもしっかりした
コメントをありがとうございます。
その号の「ダ・ヴィンチ」は確か
立ち読みしました。。。
でも流し読みだった為か気付かずでした(笑)
購入しとけば良かった。
教えて頂きありがとうございます。
私も相当な浮気症で(苦笑)、いろんな作品読んでいて、
伊坂作品を読めていません。
青波男さんの後を追う様にして、
「オーデュボン~」を読もうかと思います。
そういえば最近出た「チルドレン」と
「グラスホッパー」を購入しました。

投稿: ipsedixer | 2007年6月24日 (日) 22時29分

The mortgage loans seem to be essential for guys, which are willing to start their own company. By the way, this is not hard to receive a short term loan.

投稿: MillieDennis | 2011年7月27日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105777/6460883

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」の痛快さ:

» プラネットアース [プラネットアース]
プラネットアースについてのブログです。プラネットアースは本当に素晴らしい番組です! [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 02時14分

» 陽気なギャングが地球を回す [読書のある日常]
陽気なギャングが地球を回す 著者:伊坂 幸太郎販売元:祥伝社Amazon.co [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 02時23分

« 横山秀夫「動機」に見る人間の脆さ | トップページ | 赤川次郎「悪妻に捧げるレクイエム」の「ずらし」 »