« 東野圭吾「魔球」の悲哀 | トップページ | 赤川次郎「やり過ごした殺人」のリル子? »

赤川次郎「ひまつぶしの殺人」のこだわり

ここのところ1週間に1回の更新になってしまっていますが、
本を読むスピードがそれより早くちょっとたまり気味です。。。
ちょっといろんな本を読みたくて頑張り過ぎかも。。。
と思う今日この頃。

今回は赤川次郎の「ひまつぶしの殺人」です。
この本はルイさんから薦められたものです。
この作品から続く早川家のシリーズ3作を続けて読みましたが、
1冊ずつ紹介していこうと思っています。

まず早川家シリーズの最大の特徴は長兄が殺し屋、
次男が弁護士、長女が詐欺師、末弟が刑事、
そして母親が大泥棒という犯罪を犯す立場と裁く立場が
入り混じっているこの家族構成にあります。
その家族が今作品では全員ダイヤの争奪戦に
巻き込まれていくのですが、ラストはメロドラマもあって、
ちょっと感動的でした。

以前読んだ「悪妻に捧げるレクイエム」もそうでしたが、
どのキャラクタもすごく癖があるので、
それが生き生きとしていると思いました。
普通これだけ個性あるキャラクタが集まると、
話の内容を理解するのが難しくなる気がしますが、
シンプルに分かりやすく、それでいて臨場感のある
筆力はさすがでした。

最後にこの本の各章の題名には作者のこだわりがあり、
すべての章の名前が映画の題名のパクりだそうです。
下に挙げときますが、全てどの映画のパクりか
分かったら相当の映画通ですね、これは。
(私は全く分かりませんでした(笑))

第一章 早川家の秋 ← 小早川家の秋
第二章 予期された出来事 ← 予期せぬ出来事
第三章 秋の夜は四度狙わる ← 夏の夜は三度微笑む
第四章 かくも遠き無罪 ← かくも長き不在
第五章 愛とダイヤモンド ← 灰とダイヤモンド

03048872

Book ひまつぶしの殺人

著者:赤川 次郎
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

(赤川次郎「ひまつぶしの殺人」関連のココログ)
今のところなし?

|

« 東野圭吾「魔球」の悲哀 | トップページ | 赤川次郎「やり過ごした殺人」のリル子? »

作家別:赤川次郎」カテゴリの記事

コメント

こんばんわぁ('v`◎)
久しぶりのコメントです(♥ゝu<◇)
3冊読んだ・・・??薦めた側なのにさき越された!!(笑)
そうなるような気がすっごいしてましたが(´-ω-`)
私はまた三浦しをんの『白いへびの眠る島』に戻ったんで3作目を読むのは当分先そうです。。。
最近マンガをいっぱい読むんで(←テスト前の習慣)ブログでも紹介していこうかなって思ってます(●'v`)b
ipsedixerさんはマンガ読みます??

投稿: ルイ | 2007年7月 9日 (月) 01時03分

いつもコメントありがとう!
私のブログ更新が遅いから久しぶりな
感じがするだけかもね^^。
そう、3冊読み終わったよ!
先越させて頂きました(^^)v
面白い本教えてくれてありがとう。
私も実はマンガよく読むよ。
面白いのあったら教えてほしいくらいだから、
ルイさんのブログに載るの楽しみにしてるよ!

投稿: ipsedixer | 2007年7月 9日 (月) 01時13分

是非見に来てくださ~い♪(≧u≦*●)ってもう遊びに来てくださったみたいですけど(笑)

投稿: ルイ | 2007年7月11日 (水) 01時05分

やっと三浦しをんの『白いへび眠る島』読み終わりました(●≧艸≦) アップしたので是非いらしてください(*^▽^*)といっても、なんだかお忙しそうですが(汗)

投稿: ルイ | 2007年8月 4日 (土) 19時57分

なんだかすごいご無沙汰していて、ごめんm(__)m
今日も先ほど帰ってきたような生活なので。。。(>_<)

もちろん後でちゃんと読ませてもらうよ~!

投稿: ipsedixer | 2007年8月 7日 (火) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105777/7079789

この記事へのトラックバック一覧です: 赤川次郎「ひまつぶしの殺人」のこだわり:

« 東野圭吾「魔球」の悲哀 | トップページ | 赤川次郎「やり過ごした殺人」のリル子? »