« 雫井修介「犯人に告ぐ」の真の敵 | トップページ | 皆川ゆか「評伝 シャア・アズナブル」に見るその魅力 »

赤川次郎「探偵物語」の爽快感

今回は前々回の「プロメテウスの乙女」に続いて、
角川文庫から出ている赤川次郎ベストセレクション
の中からのご紹介です。

ちなみに「探偵物語」なるこの小説は有名な
松田優作主演のドラマとは無関係です(笑)
あの男くさい感じとは違って、一つの青春小説と
呼べる内容になっています。

お金持ちのお嬢様である直美と、
うだつのあがらない探偵の辻本という凸凹な
組み合わせの2人がいつしか事件に
巻き込まれていきますが、テンポが非常に良く
他の赤川次郎作品にも増して、
非常に読みやすく仕上がっています。

あと、これは25年以上前の作品なのですが、
古さを感じさせないのはさすがだと思いました。

さて、ベストセレクションも残りわずか。。。
全部読み終わったところでまたランキングでもやります。
お楽しみに~!

(赤川次郎「探偵物語」関連のココログ)
今のところ無し?

|

« 雫井修介「犯人に告ぐ」の真の敵 | トップページ | 皆川ゆか「評伝 シャア・アズナブル」に見るその魅力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

作家別:赤川次郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤川次郎「探偵物語」の爽快感:

« 雫井修介「犯人に告ぐ」の真の敵 | トップページ | 皆川ゆか「評伝 シャア・アズナブル」に見るその魅力 »