宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」に見るテクニック

ここのところ、ず~っと乙一作品を読んでいたのだが、
今日はちょっと趣向を変えて、宮部みゆきの作品を
久しぶりに読んだので、ご報告~♪

今回読んだのは「我らが隣人の犯罪」という短編集。
なぜこの短編集を買うことになったかというと、
池袋の某有名書店に行ったときに、特にあてもなく文庫コーナーを
さまよっていた時に、この本の帯にある<<宮部みゆきベスト1>>
の文字が目に飛び込んできたからであった(笑)
しかもそう言ってるのが北村薫氏ということで、
俄然興味をそそられた次第である。

読んでみて確かに珠玉の名作揃いであることが分かった。
なかでも「サボテンの花」が私は気に入った。
この作品が最も朗らかで温かみがあると感じたからなのだが、
その他の作品も基本的に温かみのある作品が揃っている。
しかし、その礎になっているのは一見、場違いな設定から
意外な(それでいて温かい)結末を紡ぎ出す作者のテクニックだと思う。

今まで私は「長い長い殺人」「理由」「模倣犯」と読んできたが、
北村薫氏の言うように今のところの私の中の<<宮部みゆきベスト1>>
は間違いなくこの作品だと断言できる。
(って全然読んでる作品が少ないけど(苦笑))
というわけで超おすすめの一冊なのでした!

我らが隣人の犯罪 Book 我らが隣人の犯罪

著者:宮部 みゆき
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」関連のココログ)
MOKUMOKU'S MURMUR
ジューセーで行こう
たくとのきまぐれ日記

| | コメント (6) | トラックバック (0)