乙一ランキング(文庫単位)

本日は予告通り個人的に行った勝手な
「乙一ランキング」です。
結果は下記の通りとなりました!
(各作品の題名クリックで私の各批評に
 飛べるようになってます(^^)v)

第1位 GOTH
第2位 ZOO
第3位 失われる物語
第4位 夏と花火と私の死体
第5位 暗いところで待ち合わせ
第6位 失踪HOLIDAY
第7位 暗黒童話
第8位 平面いぬ。 
第9位 死にぞこないの青
第10位 天帝妖狐
第11位 さみしさの周波数
第12位 きみにしか聞こえない -CALLING YOU-

ちなみに上記の結果はあくまで「文庫」単位での評価です。
「作品」単位ではないので、誤解なきよう。
(短編が多いので少々強引かもしれませんが。。。)
そういう意味では6、11、12位の文庫は
ほとんどの作品が3位の「失われる物語」に
収録されているので、評価は低めになるということになります。
そう考えると逆に「失踪HOLIDAY」の6位は
かなりの高評価と言えます。

第1~3位のランキングは差がほとんどなく非常に悩みました。
その人の読みたいものによって判断が
分かれる所ではないかと思います。
ただ、やはり私は「森野夜」と「僕」の絡みが好きなので、
「グロい系(黒乙一)」代表という意味でも「GOTH」を
1位に挙げさせてもらいました。
「ZOO」は何でも書ける乙一の実力を
堪能できる一冊ということで2位。
3位の「失われる物語」は上記の通り「切ない系(白乙一)」の
作品が凝縮されているので、それが読みたいならば
まずは迷わずこれです。

「夏と花火と私の死体」が4位ですが、
きっとこれも私的には好きですが、
評価が分かれる作品のひとつかなと思います。
逆に5位の「暗いところで待ち合わせ」がもっと
高く評価する人が多いかもしれません。
そういうわけで、いろんな方からの賛成・反対意見待ってます!

というわけで、一旦これで乙一の読書生活は終了!
次は多分「銃とチョコレート」が文庫化されたら
って感じでしょうか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東野圭吾作品ランキング

[現在のランキング]
第1位 白夜行
第2位 宿命
第3位 魔球
第4位 放課後
第5位 幻夜
第6位 手紙
第7位 変身
第8位 秘密

=======================================================

(2007/1/7初回書き込み)
今日は特に書くことがないなぁと思っていたのですが、
ちょっと考えて、昨日「白夜行」について書いたことだし、
私の読んだ中での東野圭吾作品ランキング
を行ってしまいました!
(まだそんなに読んでないけど。。。苦笑)

トップはやはり「白夜行」!はっきり言って名作です。
「宿命」については『東野圭吾の原点』とも
いうべき作品(らしい)です。
確かに「白夜行」にしても「変身」にしても今考えると、
「宿命」のテーマを内包していると感じてます。
「手紙」は最近映画化されるのと同時に文庫化されたので、
ご存知の方も多いかもしれません。
これも面白いには面白いのですが、
とことん悲しいので評価低め。
「秘密」については広末涼子主演で映画化されていますが、
これは設定自体に無理があるので、今のところ最下位。

以上、とりあえずランキングしてみましたが、
上記全て「読んで良かった」と思えるものばかりでしたので、
これからもどんどん東野圭吾の作品を
読んでいきたいと思ってます。

あと、調子に乗って、他の作家の作品も同じように
時々ランキングしちゃおうと思ってますので、お楽しみに!!
(ま、参考になるかどうかは保証できませんが(笑))

=======================================================

(2007/06/18追記)
どうやら当ブログで一番アクセス数が多いのは
このページのようなので、当初はある程度、
読了作品が溜まったらpart1、part2…といった具合に
書き足していこうと考えていたのですが、
随時更新に変更しようと思います。
取り急ぎ先日読んだ「幻夜」のランキング(第4位)を追加。

=======================================================

(2007/07/01追記)
「魔球」のランキングを追加。
最近読んだ中では高評価で第3位。

=======================================================

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)